技術や経験を有する仕事|手間のかかる清掃はハウスクリーニング業者へ|抜かりのないプロの業

手間のかかる清掃はハウスクリーニング業者へ|抜かりのないプロの業

レディ

技術や経験を有する仕事

女性

遺品整理作業に必要な事も

遺品整理業者は故人が残した遺品を室内から運び出し、回収および運搬、供養、そして処分といった流れで身内に代わって作業を行ってくれる専門業者さんです。遺品整理は本来ならば身内が行うのが一般的です。しかし、仕事などの都合で身内が駆けつける事が出来ない時などに遺品整理業者に代行を依頼するケースも多くなっています。遺品整理の中には特殊清掃が必要なケースがあるのをご存知でしょうか。故人が室内で亡くなったといった時に行われるのが特殊清掃で、通常の清掃とは異なり、室内はウィルスや害虫、死臭などが立ち込めている現場となるため、過酷な作業でもあるといわれています。しかし、特殊清掃を行う事で原状回復が可能になるというメリットがあります。

2次感染を予防

特殊清掃が必要な遺品整理現場は、死体から流れ出る血液、室内に立ち込めている死臭、そして死体周辺にはゴキブリや蛆虫などの害虫といった過酷な現場になっています。こうした現場では2次感染を引き起こす事になるため、消毒や殺菌といった作業が必要になります。また、部屋の中に残された遺品についても血液などが付着している衣類や布団などは2次感染の恐れがあるため、注意を行って作業する必要があります。室内に残された遺品は、例え汚れている場合でも、故人が残した品物の一つである事、丁寧に取り扱う事が故人を偲ぶ事に繋がります。それ故に、特殊清掃には知識は勿論の事、技術や経験が必要であるといわれています。因みに、特殊清掃は遺品整理を手掛けている業者全てが対応可能では無いため注意が必要です。